夕日を見よう。

IMG_5642

沖縄は本土と違って、日の出、日の入りは遅いです。そのため、最近は19時以降に太陽が沈みます。
また、海に囲まれているため、水平線に沈む夕日を拝むことが出来ます。
ですが、水平線に消えていく前に雲があり、大抵は水平線の前のあとちょっとのところで、水平線にかかる雲に沈んでいきます。
仮に雲に沈んで行っても、沖縄で見る夕日は趣があり綺麗ですよ。

DSCF5316

夕日が見られる西海岸に向いていればスポットはどこでもあります。
季節によって日の入りの方角が異なるので、夏と冬ではスポットが異なるかもしれません。
ちなみに恩納村の国道58号沿いは通称サンセット街道と呼ばれており、ドライブしながら夕日が楽しめます。
いいなと思ったら、車を停めて自分だけのお気に入りのスポットを作りましょう。
ここなら夕日がよく見えるし人も少ないからプライベート感が出て来るなど、また来た時に是非寄りたい場所になります。

DSCF2185

一緒に見る人は大事ですね。
誰かと綺麗なものや、嬉しいことなど価値を分かちあうことは人生の楽しみですね。
友達はもちろん、恋人や家族、価値を分かち合い共有の思い出を作ることは人生を豊かにしてくれます。
言うまでもなく、一人でも大丈夫です。
綺麗なものはジワリと心に染み渡り、時には何かを突き動かしてくれます。
そんなパワーをやんばるの夕日は持っているかもしれません。

また、ヤンバル初心者向けに夕日スポットを教えます。
①美ら海水族館、②道の駅許田トイレ上展望台、③希望ヶ丘ビーチ、④万座毛、⑤瀬底島、⑥恩納村のビーチ
などなど夕日が見える場所はいっぱいありますので、どこどこへ行った方が良いというのは無いですが、その時見えればそこがベストな場所だと思います。
良い場所を探しているうちに、間に合わず夕日が沈んでしまうというのも良くあります。
欲張らず、気持ちよく見られれば、そこがあなたの夕日スポットです。

皆様に綺麗な夕日が見れますように。

page top