【ネオパーク オキナワ 名護自然動植物公園】

img_9869

名護市にあるネオパークオキナワは那覇空港から車で1時間30分です。
100種類以上の動物と、400種類以上の動物が飼育・展示されています。
アフリカ・アマゾン・オセアニアのように園内はゾーン別に分かれていて、
動植物に合った地域で、実際の環境にできるだけ近づける工夫がされています。
動物たちは人懐っこくて人間との距離が近くに感じられます。

img_9879

受付を過ぎ、すぐに見えるのが大きなフライングゲージです。こちらにはフラミンゴはもちろん、
アフリカクロトキ、ホオジロカンムルヅルなどの地域に生息する植物・動物(鳥類がメイン)が自然さながらに放し飼い展示されています。
またいくつかあるゾーンの中でもエサをやることのできるゾーンの一つでもあり、エサを動物たちにやることができます。
エサを食べているのがホオジロカンムリヅルで特徴は頭に乗せた冠のような飾りと白い頬が特徴のツルです。
エサを食べる様子を間近で見ることができます。

img_9896

ふれあい広場の中にある子屋では、様々な動物たちと触れ合うことができます。
小屋の中には、ハムスターやモルモットなどの小動物から、カピパラ、大きなゾウガメもいます!
ゾウガメには背中に乗って記念撮影をすることもできます!
ふれあい広場ではエサをあげたり、膝の上でのふれあうことができます。
チワワや、ポメラニアンなどの子犬や、大型犬もおり、広場内でお散歩をすることもできます!

img_9962

体重1㎏ほどの小型のサル、樹上をリスの様に動き回る姿からリスザルと名付けられている。
繁殖期(冬)になるとオスはマッチョになりアピールを、
出産期(夏)には赤ちゃんを抱いたり背負っているメスに会うことができます
展示場所は種保存研究センター 内です。

img_9943

オオサイチョウです。
特徴はクチバシから頭の上にかけて大きなカブト状の突起があり、
サイのツノを思わせるところからサイチョウと呼ばれるそうです。
見どころはキョン(♂)とナズナ(♀)の仲の良い姿に癒されます 
嘴渡しでお互いに餌を与えあう姿がご覧いただけます。
展示場所は種保存研究センターです。

スポットインフォメーション

スポット名

ネオパークオキナワ 名護動植物公園

住所

沖縄県名護市字名護4607-41

連絡先

0980-52-6348

営業時間

AM9:00~PM5:30

定休日

年中無休

料金

大人900円 子供500円 ふれあい広場300円

駐車場

あり

page top